ANAマイレージ攻略 > ANAマイルの変化 > マイレージ提携企業の変化

マイレージ提携企業の変化

AMCとの提携企業に関する変化は企業単位なら、限られたこの紙面では到底網羅はできません。毎月のように改廃や新規加盟があるからです。ここでは項目別に、この2年間で顕著なものを整理します。

ショッピング関連

ネットショッピング「ANAマイレージモール」には参加企業が急増中です。またANAアメリカンーエキスプレスーカード限定で海外に「ANAカードマイルプラス」の参加店が誕生しました(パリ、ロンドン、ソウル)。

Edy関連

一番大きな動きは利用接点の拡大による店舗網の拡大です。特にコンビニ最大手のセブン・イレブン、マクドナルド、クロネコヤマトの参加が目立ちます。AMCカードのEdyで支払うと通常の倍(200円=2マイル)貯まるサービス「Edyマイルプラス」が08年5月からスタートしました。提携企業はコンビニチェーンのam/pmやファミリーマート、ニッポンレンタカー等徐々に拡大しています。また10年1月からコカコーラの自販機では1本につき1マイル貯まるようになりました。

グルメマイル関係

今までANAホテル内の飲食施設の多くは、ANAカードなら100円=2マイルがグルメマイルとして付与されていましたが、09年10月からANAカードでもすべて100円=1マイルに変更となりました。また『カードdeダイニングマイル』は09年9月で終了となりました。

デパート関連

ANAカードで支払うボーナスマイルが100円=1マイルとなる「ANAカードショッピングアルフア」が「ANAカードマイルブラス」と名称変更。高島屋はボーナスマイル分か200円=1マイルに変更されました。同じくボーナスマイル分か200円=1マイルに変更された西武百貨店は10年3月で「ANAカードマイルプラス」を終了します。

交通機関関連

鉄道やバス等の交通機関関連では09年4月から京成電鉄とポイントの相互交換を開始。その他片方向の提携では、マイルを電子マネーに交換できるサービスを09年4月から愛媛県の伊予鉄と、同じく電子マネーに使えるポイント交換を福岡市交通局と10年1月より開始しました。