ANAマイレージ攻略 > ANAマイルの変化 > 提携航空会社の変化

提携航空会社の変化

本格的アライアンス時代を迎えてスターアライアンスヘの新規加盟航空会社が増えると同時に、ANAも独自の提携航空会社を増やしています。この提携でマイルの利用方法はさらに拡大しています。マイレージサーピス自体の提携ではない、コードシェア便提携でできたANA便搭乗でもマイル積算の機会が広がります。

スターアライアンスに新規加盟した航空会社

この2年間で新たにスターアライアンスに加盟した、エジプト航空、コンチネンタル航空、トルコ航空、ブリュッセル航空でもマイレージの利用が可能になりました。また地域会員だったアドリア航空、クロアチア航空、ブルーワンが正式メンバーに昇格しました。これらの航空会社での搭乗ではマイルに加え、サービスステイタス獲得に必要なプレミアムポイントも積算できます。

スターアライアンス以外で新たにANAと提携した航空会社

この2年間で新たにANAとマイレージで提携したスターアライアンス加盟以外の航空会社は、インドを中心とした路線網の「ジェットーエアウェイズ」、中国深センをハブとする「シンセン航空」とアブダビを本拠地とする「エティハド航空」(10年3月より)です。これらの航空会社とは相互のマイレージサービス提携ですので、ANAのマイルを貯めたり使ったりできますが、プレミアムポイントの獲得は対象外です。

コードシェア便でのANAとの提携航空会社

国内では08年以後、それまでのIBEXエアラインズ、エアードウに加えてスカイネットアジア航空、スターフライヤー、オリエンタルブリッジの国内航空会社とのコードシェア便(共同運航)を実施しています。またこれらの会社とのコードシェア便(共同運航)の路線を増やしてきており、この路線でのANA便利用でマイルやプレミアムポイントが積算できます。ただしコードシェア便だけの利用ですので、その航空会社とマイレージで提携したのではありません。