ANAマイレージ攻略 > ANAマイルの変化 > ANAマイル積算条件の変化

ANAマイル積算条件の変化

特典交換条件とは異なり、関連する提携企業等は個々の裁量でマイル提携の積算条件を変えることができます。その為積算条件の変更は多岐にわたり、また頻繁ですべてを把握することは至難の業です。ここではAMCのホームページなどでも告知される重要な項目に絞り、この2年間で重要と思われるものを整理します。

フライト関連

コードシェア便の一部で積算率が変わる以外に、多くの会員の方に影響ある大きな変化はありません。新設のシニア空割は個人包
括旅行運賃ではありませんが、積算率は50%です。

ホテルマイル関連

ANAの一部はインターコンチネンタルグループ(IHG)との共同ブランドホテルを運営することで、ANAホテルでのANAマイル積算には、IHGのポイントプログラム「プライオリティクラブ」加入が必要となりました。加入後にもマイル積算を事前申請で登録しないと、ホテル宿泊ではANAマイルを自動的に貯めることができなくなりました。事前申請しない場合、ANAホテルに滞在すると自動的にプライオリティクラブポイントが積算されます。

グルメマイル関連

グルメマイル積算についてAMCカード(100円=1マイル)はANAカードなら100円=2マイルでしたが、新たな参加店と一部店舗での積算条件がANAカードでも100円=1マイルとなりました。さらに今までANAホテル内の飲食施設の多くは、ANAカードなら100円=2マイルが付与されていましたが、09年10月からANAカードでも100円=1マイルに変更となりました。また『カードdeダ
イニングマイル』は09年9月で終了となりました。

ANAカード関連

「ANAカードショッピングアルファ」が「ANAカードマイルプラス」と名称が変更され、今まで一律100円=1マイル
であったボーナスマイルが200円=1マイルに、新規参加店だけでなく既存の参加店でも条件変更が行われました。

Edy関連

AMCカードのEdyで支払うと通常の倍(200円=2マイル)貯まるサービス「Edyマイルプラス」が08年4月からスタートしました。提携企業はコンビニチェーンのam/pmや沖縄ファミリーマート、ニッポンレンタカー、紀伊国風書店などです。また10年1月からコカコーラの自販機の支払い利用でも1本につき1マイル貯まります。