ANAマイレージ攻略 > AMCカード&ANAカードで貯める > AMCカード&ANAカードで貯める(ANAカードで貯める)

AMCカード&ANAカードで貯める(ANAカードで貯める)

  1. 他のクレジットカードのポイント移行よりも、ANAカードならANAマイルを高積算率で貯めることができる。
  2. マイル積算運賃でのANA便搭乗の際、ANAカード会員は、一般カードなら区間基本マイル数の10%、ワイドカードなら25%のボーナスマイルが付与される。
  3. 10年4月から新たに始まる「ANAカードファミリーマイル」では、ANAカード会員は生計を同一にする配偶者と1親等以内の家族のマイルを合算して利用できるようになる。

ANAカードの種類別の特長は別表を参照していただくとして、本項ではすべてのANAカード共通の機能を中心に貯め方を整理します。

他のクレジットカードよりANAマイルを貯めやすい

ANAカードなら、他のクレジットカードのポイント移行よりもANAマイルを高積算率で貯めることができます。特にマイル移行手数料(カードの種類で異なる)を追加で払うと、最大100円=1マイルの10マイルコースを利用でき、さらにボーナスポイントもマイルに換えることが可能です。また入会時と継続時(翌年以降のカード更新時)でボーナスマイル(ANAカードZEROは適用外)が1千~4千マイルもらえます。

ANAカードマイルプラス参加店(企業)ならボーナスマイルが付く

ANAカードには「ANAカードマイルプラス」というマイルがさらにブラスされる参加店(企業、サイト)があり、お店により100円=1マイルまたは200円=1マイルが通常のマイルに加えて付与されます。

ANA便搭乗でフライトマイルでもボーナスマイルは積算

ANA便撚乗の際ANAカード会員は、一般カードなら区間基本マイル数の10%、ワイドカード(ダイナース、アメリカンーエキスプレス。ゴールドを含む)は25%のボーナスマイルが付与されます。但し会員がサービスステイタスを持っている場合は、このANAカードのボーナスフライトマイルは重複して適用されません。国際線での他礼運航のコードシェア便は便名がANA便でもボーナスマイルは対象外です。

ANA関連企業での利用で各種の割引特典や優待サービス適用

ANAカードでは国内線。国際線の機内販売、空港内売店(ANA=FESTA)、空港宅配サービス(ANAスカイポーター)、成田空港パーキング、ANA通信販売、旅行商品(ANAスカイホリデー、ANAハローツアー)、ANAラーニング公開講座受講料などがすべてのカードで割引対象となります。またワイドカード、ゴールドカードは空港内免税店でも割引対象です。さらに付帯障害保険(カードにより保障内容が異なり、付いていないカードもあります)、ANAホテル(IHG・ANA共同ブランドホテル含む)での宿泊割引や朝食無料&ウェルカムドリンク(ワイドカード、ゴールドカード限定)、レンタカー割引など多彩なサービスが受けられます。

家族のマイルの合算利用が可能(10年4月~)

10年4月から新たに始まる「ANAカードファミリーマイル」では、ANAカード会員は生計を同一にする配偶者と1親等以内の家族のマイルを合算して利用できるようになります。その際18歳以上の会員(高校生を除く)はすべてANAカード会員(家族カード会員も含む)であることが必要です。但し合算したマイルと交換できる特典は特典航空券(ANA&提携航空会社)とANA国際線アップグレード特典に限定されます。

ANA力一ド利用にあたっての注意点

  1. 年会費、マイル移行手数料、ポイント移行などはカードごとに異なります。
  2. 入会資格(特に年齢)はカード会社と種別でそれぞれ異なります。
  3. 普通カードとワイドカードなどで付帯サービスが異なります。
  4. 1人で複数のANAカードを利用しマイルを合算できます。
  5. スーパーフライヤースカートは1枚しか入会できません。

各ANAカード利用の特長と留意点

ANA JCBカード
10マイルコースのマイル移行手数料が2100円。ボーナスポイントもマイルに交換可能。海外での利用接点は地域により限定されます。
ANA VISAカード/ANA マスターカード
10マイルコースのマイル移行手数料が6300円。ボーナスポイントはマイルに交換不可。海外での利用接点では最も普及しています。
ANA アメリカンーエキスプレスーカード
マイル移行手数料は5250円、ANAグループ利用で1.5倍(ゴールド2倍)。マイル自動移行はできません。利用接点は地域により格差があります。交換のポイントが1千ポイント単位。
ANA VISA Suicaカード
10マイルコースのマイル移行手数料が6300円。ボーナスポイントはマイルに交換不可。海外での利用接点が最大。このクレジットカードにはEdy機能はつけられません。Suicaへのマイル交換が可能です。
ANAダイナースカード
マイル移行手数料が不要。Edyのクレジットチャージでもマイル積算可能。利用接点は地域により格差があります。
ANAカード(学生用)
18歳以上の日本在住の学生(大学・短大・専門学校・工業高専4、5年生、大学院生)で日本国内での支払いが可能な方が入会資格者。VISA、マスターカード、JCBの3ブランド。在学中の年会費無料。JCBは10マイルコースのマイル移行手数料が無料。
ANAカード(法人用)
VISA、マスターカード、JCBの3ブランド。1法人8名まで登録可能。8名以上は8名ごとに代表者会員分の年会費・使用者年会費が必要。マイルは個人に貯まり、法人会員のマイルを合算はできません。
ANA JCBカード zERO
18歳~29歳の社会人限定の年会費5年間無料の限定カード。マイル移行は5マイルコース(無料)のみです。