ANAマイレージ攻略 > AMCカード&ANAカードで貯める > AMCカード&ANAカードで貯める(AMCカードで貯める)

AMCカード&ANAカードで貯める(AMCカードで貯める)

  1. AMCカードのEdy決済なら200円=Iマイル(Edyマイルプラスなら200円=2マイル)貯められる。
  2. 複数を同時に利用できるANAカードとは違い、AMCカードは1会員1枚しか所有できない。
  3. Edy機能付きAMCカードなら、クレジットカードを自由に組み合わせてクレジットチャージでき、クレジットチャージでのポイントが確保しやすい。

まず基本となるカードはクレジット機能の付いていない一般会員カードAMCカードです。機上で入手できるインスタント型カードでは各種サービスや特典交換が受けられませんので、できる限り早い時点でこの本会員カードを申し込みます。入会金・年会費もかからず誰でも入会できます。

できる限りEdy機能付きカードを利用

電子マネーを当面使う予定がなくても、Edy機能付きのカードをお勧めします。電子マネー以外にIC機能を使った使利なサービスが利用できるからです。キャンペーン期間ならカード発行手数料(500円)が無料です。

AMCカードのEdyでの支払いなら200円ごとに1マイル積算

予めチャージ(入金)が必要ですが、Edyが使えるお店やネットショッピングでAMCカードのEdy決済なら(一部対象外を除き)200円=1マイル(Edyマイルプラスなら200円=2マイル)貯められます。

同一カードは1会員1枚

規約によりAMCカードは1会員1枚しか所有できません。ANAカード、提携クレジットカードなど複数の種別のカード利用はこの限りではありません。ANAカードを複数利用すると址後に申し込んだカードが代表番号に自動的に登録されますので、代表番号にしたいカードを最後に申し込んだカード以外にしたい場合は別途の登録申請をします。

マイレージ利用ではカードは大切に

新規入会は無料ですが、再発行は有料です。Edy機能付きのカードの場合、Edy部分の電子価値(電子マネー)の残価に注意しましょう。また規約でAMCカードは1会員1枚(番号だけなので、AMC+多機能カードを利用する場合には会員番号は切り替わります。

Edyのクレジットチャージでの使いやすさに注目

クレジットカードにEdyが付いている場合は、そのEdyへのクレジットチャージはそのクレジットカード以外ではできません。Edy機能付きAMCカードなら、パソリやフェリカポートを使ってEdyのクレジットチャージでポイントが付与されるクレジットカードを自由に組み合わせることができます。おサイフケータイのAMCアプリとEdyアプリを組み合わせたクレジットチャージでも同じ使い方ができます。