ANAマイレージ攻略 > マイルを使う > ANAご利用券(クーポン)で使う。航空券購入、旅行商品

ANAご利用券(クーポン)で使う。航空券購入、旅行商品

航空券購入、旅行商品で使う

「ANAご利用券(クーポン)」の代表的な使い方である航空券と旅行商
品(ツアー代金)についてそのメリットと注意点を整理します。

フライトマイルやプレミアムポイントを再護得可能

フライトマイルやプレミアムポイントが付かない特典航空券と違い、「ANAご利用券」で購入した航空券はマイルやポイントが獲得できます。

オープン券の支払い可能

ANA国内線特典航空券は予約がないと交換できませんが、「ANAご利用券(クーポン)」の国内線航空券購入はすべてのANA路線(ANAConnectionを含む)の運賃(一部対象外あり)とプレミアム料金、特別旅客料金等にも使え、オープン券でも利用できます。

期間と区間によって特典航空券より少ないマイル数で交換可能

国内線でのシニア空割や国際線でのスーパーエコ割WEB、一部の旅行商品等では、1マイル=1.25円相当で換算して、期間や路線及びサービスステイタス次第で、特典航空券よりも有利な使い方ができます。

利用できる旅行商品は限定

国内ツアーでは「ANAスカイホリデー」、海外ツアーでは「ANAハローツアー」に限定されます。会員1人だけのマイル数との交換なら「ANAマイルVacation(ツアー)」のほうが多くの種類の旅行商品に使えます。

航空券&ツアー利用での注意点

  1. 予約変更可能な運賃での予約・取り消しは、「ANAマイレージクラブサービスセンター」または各会員専用デスクとなり、空港やインターネットでの変更はできません。
  2. 利用者の事情による取り消しでの払い戻しはできません。
  3. 他社便や他社乗継便が含まれる航空券の支払いには利用できません。
  4. 手荷物料金、ペット料金、「ビジネスきっぷ」や「いっしょにマイル割などの一部運賃、国際線特典航空券発行時の税金・料金では使えません。
  5. インターネットでは利用できません。電話予約のみになり国際線での利用時は発行手数料が必要となります。

ポイント

  1. 特典航空券と異なり「ANAご利用券(クーポン)」で購入した航空券ではマイルやプレミアムポイントが獲得できる。
  2. 期間や路線及びサービスステイタス次第でマイルも貯まるため、最終的に特典航空券よりも有利な使い方ができるケースもある
  3. 利用できる旅行商品は国内ツアーでは、「ANAスカイホリデー」、海外ツアーでは「ANAハローツアー」に限定される。