ANAマイレージ攻略 > ポイント交換で貯める > ポイント交換で貯める(お買い物ポイントの交換で貯める)

ポイント交換で貯める(お買い物ポイントの交換で貯める)

  1. カードが多くなり過ぎ煩雑な店ごとのポイントサービスに対し、お買い物ポイントなら共通に利用でき便利。
  2. ブルーチップではギフト券をANAマイルヘ直接交換するよりTポイントと交換した後にマイル交換した方が約2割 有利。
  3. ギフト券タイプとのマイル交換は、ギフト券そのものは譲渡可能なので、他の方からギフト券を譲ってもらってもマイルを増やすことが可能。

クレジット機能とは関係なく、お店のショッピングで獲得できるポイントをマイルに交換できるものがあります。ここで扱う「お買い物ポイント」とは、個別企業の店舗での買い物で貯められるサービスではなく、様々な業態の店が参加した共通ポイントサービスのことです。店ごとのポイントサーピスでは店の数だけカードが多くなり煩雑ですが、この種のポイントサービスは共通に利用でき使利です。

譲渡可能なギフト券との交換でマイルが積算

ポイントサービスの草分け的存在「ブルーチップ」のポイントはギフト券と交換した後、マイルと交換できます。他のポイント交換との大きな違いは、ギフト券は譲渡可能で、他の方からギフト券を譲ってもらってもマイルを増やすことが可能な点です。ブルーチップ加盟店を探すホームページが完備していないことが難点で、各地のブルーチップ事業所に電話で問い合わせしないとわかりません。なおギフト券をANAマイルヘ直接交換するよりTポイントと交換した後にマイル交換したほうが約2割有利です。

その他のマイル交換可能なお買い物ポイントの概要

  1. ビーム:全国のスーパーや商店の発行するポイントカードの共通ポイント。400ポイント=100マイルと交換。1回のマイル交換が1万マイル以上になる場合は本人確認の書類が必要となるケースがあります。
  2. クラブネッツ:全国加盟店とネットショッピングでの買い物で貯まる共通ポイント。交換レートはAMC会員でネッツクラブWEB登録会貝(700ポイント=100マイル)が、通常のカードだけのネッツ会貝(80
    0ポイント=100マイル)より優遇されます。
  3. クリアルエンターテイメント:テレビを見たりテレビ迦販を使ったりすると貯まるcretteポイントをマイルに換えることができます。200ポイント=200マイル。
  4. 得タク:全国″介地の参加タクシーでのポイントサービスをマイルに交換することもできます。タクシーマイル積算は100円=1マイル(現金払い)ですが、このポイントサービスをダブルで獲得はできません。マイル
    を貯めるならはじめからマイル積算を使った方がおトクです(1千ポイント=200マイル)。